テーマ:大自然に触れる

慰霊登山

3月23日、曇り、気温10度。 3月も末というのに、まだ冬の寒さだ。 この度の大地震と津波で亡くなられた方々の霊を慰める意味もこめて、 高尾山の薬王院に行った。 出かけたのは昼を過ぎてからだ。 最近の高尾山にしては珍しく、人はまばら。 台風だったかで崩壊した吊橋を渡る4号路が開通していたので、歩いてみた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割れた黒鍵

3月11日、14時46分、東北関東大震災発生。 この日、午前中に小金井市で調律の仕事があり、 終わってから知人と昼食。 別れて駅の改札を入ってところで、 翌日のセミナーの打ち合わせの携帯メールを作成中に ユラユラと足元が揺れはじめる。 これまでに経験したことのない大きな揺れだ。 すぐに別れたばかりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未曾有の危機

この度の大地震と津波で被災された方々、亡くなられたご遺族の方々に 心よりお見舞いとお悔やみ申し上げます。 この未曾有の危機で日本中がたいへんなパニックを起こし、 全国的に食料品やガソリンが入手できなくなっているようです。 昨日お会いした知人ですが、広島の実家から乾電池を送ってくれるよう電話したら、 広島でも入手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

稚児落とし

                    稚児落としの絶壁                     岩殿山からの眺め                     岩殿山からの夕日 あけましておめでとうございます。 今年こそ景気が回復することを祈念します。 さて、 ブログの更新はまだ? …と、何…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

これ、なーんだ?

写真を見てこれが何か分かった人は、 かなりの○○○通。 さあ、何でしょう? 月のクレーター? それとも、動物のおっぱい? さあ、何でしょう? 答えは、カラカサタケというキノコでした。 写真の傘の大きさは、直径20センチ。 手を広げたくらいのサイズだ。 これだけ大きい傘だから、それをささえる茎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒キノコ

                              ドクツルタケ    つい最近、千葉のJAで売られたキノコで 食中毒を起こしたと、ニュースが伝えていた。 クサウラベニタケをシイタケと間違えて売ってしまったというが、 そんなバカなと思った。 なぜならシイタケが枯れ木に生えるのに対し、 クサウラベニタケは枯れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋をさがしたよ

急に思い立って、 カメラをもって近くの野山を歩いた。 見つけた秋は、やっぱりキノコ。 写真のキノコは毒ではないと思うが、 たぶん苦くて食べられない種類だろう。 田んぼの畦にたくさん咲いていたヒガンバナもパチリ。 脱穀を終えた稲わらを干していたので、 これも秋らしいから一葉。 ついこの前まで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

“熊”目撃情報あり!

猛暑の中、山登りをした。 行った先は、中央本線・藤野駅の南側にそびえる金剛山。 駅から登山口まで歩くこと20分ほど。 とはいうものの、この日も35度くらいの猛暑。 しかも日影がほとんどない炎天下を行くのだから、 早く木々が茂る山の中に入りたい気持ちで道を急いだ。 やっと登山口に到着。 「えっ、熊…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

高尾ビアマウント(ビアガーデン)

ミシュランの三ツ星観光地になり、急に人が多くなった高尾山。 最近では平日ですら人だらけだ。 何よりも若いカップルが多いのには驚く。 でも健康的だから、まあいいか。 で、ケーブルカーの終点にあるビアガーデンも大混雑だ。 先日、今年はじめてのビアマウントに行った。 初体験の二人をご案内したが、大満足しても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の便り(野の花編)

                             オオイヌノフグリ                              ムラサキダイコン                                 ヤマブキ                              マムシグサ           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の便り(山菜編)

                                 イタドリ                                  ゼンマイ                                      タンポポ                                  クレソン ワラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の便り(ワラビ採り)

この春、はじめて、ワラビ採りに出かけた。 といっても、ほんの1時間ほどの 散歩がてらだが。 その日、山には、何人もが入っているから、 ほとんど期待できないと思ったが、 それでも50、60本ほどゲット。 それも山菜や花の写真を撮りながら。 わらび採りには、子供のころから、もう半世紀も 親しんできたから、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百草園

ずっと前から知っていたのに、いちども行ったことがない百草園。 ついに行ってきました。 京王線の百草園駅から、徒歩10分の高台にある、 江戸時代につくられた庭園だ。 徒歩10分とはいっても、けっこうきつい坂を上る。 汗をかきながら、やっとたどりついた園の入り口は、 ふんいきが京都のどこかの寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干上がった湖

ポカポカ陽気の3月のある日、 おむすびを持って久しぶりに城山湖へ行った。 城山湖は、神奈川県の津久井ダムに併設された山上湖。 電気需要の少ない夜間に津久井湖の水を山上の城山湖にくみ上げ、 昼間に150メートルの落差がある津久井湖に流して発電をする。 これを揚水型発電というそうだ。 完成は昭和42年で、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

静かな相模湖

                        手にとまるほど人なつこい鳩 相模湖といえば、 昔は観光客で大いににぎわっていたものだ。 でも、最近は土日でもほとんど人がいない。その相模湖に、ひまにまかせて遊びに行った。 ウィークデイのこともあり、ひと気はほとんどなし。 観光船も、みやげ物店もほとんどすべて閉まってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身延の宿坊

                  宿坊のご馳走 宿坊:寺院に参詣した人の宿泊する寺坊(広辞苑) だからというわけでもないが、 事前に身延の久遠寺に参詣したのだ。 宿坊に泊まるのははじめての経験で、 信徒しか泊まれないのではと思っているせいもあり ちょっとドキドキ。 着いたのは4時過ぎ。 女将(おかみ)……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身延

                               久遠寺                      身延山頂から見える南アルプスの山々                          身延から甲府行きの電車時刻 ふらりと旅に出た。 行った先は、山梨県南西部の身延。 友人から身延線は景色がよくて、楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

                     写真は毎年恒例の実家での餅つき風景 景気の上では厳しい年明け。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 暮れらしくない、正月らしくない、 という声を何人もから聞きました。 やっぱり景気が悪いからかな。 日本中、元気がない? でも、下がりっぱなしは絶対にない。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年も一年お世話になりました

                         写真は冬に咲くタンポポ 明日から実家に行きます。 帰ってくるのは新年の3日。 で、今年のブログはこれが最後。 政権交代で期待を持たされたものの、 景気はパッとしない。 来年はきっといい年になります。 そう信じてがんばりましょう。 良いお年をお迎えくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40年ぶりの京都

                                                    写真は落柿舎 ひょんなことから京都に行くことになった。 中学校の修学旅行以来だから、 なんと40年ぶり、 いや、もっとかな? まあいいや、 半分は仕事、そして半分は観光。 で、今回は事故もなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎天下の高尾山

休みがとれた昨日、 昼を過ぎて、いちばん暑い時刻に 高尾山を散歩。 高尾山は、山登りというより、 やっぱり散歩感覚。 梅雨が空けて、 いきなり最高気温達成という 暑い中での散歩…のつもりだったが、 けっこう大変だった。 年かなあ????
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

往年の名車ビートル

すっと昔からいちど乗ってみたいと思っていたビートル(カブトムシ)に、 はじめて乗せてもらった。 ピアノをお世話させていただいたお客様の愛車だ。 駅への送り迎えをしていただいた。 ダッシュパネルのシンプルなこと。 日本でも40年くらい前の車は、こうだったなあと、 なんだかすごく嬉しい気分を味わえた。 ボデ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

恐ろしいトンネル

4月のある晴れた日、 行き先も決めずに中央線に乗った。 降りたのは、相模湖の一つ先の藤野駅。 駅の北に見える山を散策し、 北側に下り、 今度は山をくり貫いたトンネルを 駅側に戻った。 そのトンネルが怖いのなんの。 一斜線しかないから、 対向車が来ると、一方の車は停止して待つような 狭いトンネルだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の息吹

実家付近の山でカタクリの群生を見てきた。 カタクリは、子供のころ、山にたくさん生えていたのに、 でも最近では、とんと見られなくなっていた。 カタクリにかぎらず、 シュンランとか、ギンランも 山に行けば、いくらでもあった。 でもいつのころからか、 すっかり見かけなくなった。 山野草ブームとかで、盗ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凧揚げ

八王子市役所の北側を流れる浅川の河川敷。 そこに行くと、いつもだれかしら凧揚げをしている。 しかも、かなり本格的だ。 なかなか揚がらずに四苦八苦している人。 高く揚がった凧を、どうだ、といわんばかりに 満足げに糸をたぐっている人。 凧も面白いけど、真剣に凧揚げをしている人(みんな大人)を 見ているのも楽しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢の旅…その②

 写真は浅野川 二日目は仲間とは別行動。 午前中に犀川を散策した後、 金沢駅から七尾線に乗る。 今回の旅行のいちばんの目的である、 大学時代の友人に会うため。 七尾に近づくにしたがい、窓の外に増える積雪に 冬の七尾への期待が増す。 単線だから、あちこちの駅で待ち合わせのための停車が多い。 そしてようやく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

38年ぶりの金沢

誘われて、冬の金沢に旅行することになった。 金沢といえば、 前に行ったのは38年前。 なぜ正確に38年前と覚えているかというと、 高校を卒業した年だったから。 初めての一人旅だった。 上野駅から新潟に行き、 佐渡島にフェリーで渡り、 それから富山、金沢、岐阜の永平寺、飛騨高山をへて、 名古屋から東海道線…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

断念、残念!

あまりにもすっきり晴れた15日の昼過ぎ、 弁当を持って、行き先も決めまま中央本線に乗った。 気ままに梁川駅で下車。 降りたのはたったの三人。 梁川は無人駅。 駅の周辺には、まばらに民家しかない。 ふらふらと歩いて、 案内板に「富士の絶景、倉岳山」とあったので、 登ってみることにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄砲虫

鉄砲虫を知っているだろうか。 暮れの餅つきのときに、枯れてしまった、ねむの木を割っていたら、 小指の先ほどの大きさの虫がたくさん出てきた。 何の幼虫か知らない。 けれども、子供のころの薪割りは、 この虫が出てくるのを楽しみにやっていた。 この虫を鉄砲虫と言っていた。 で、どうするかというと、 炒っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やればできる!

一輪車で遊ぶ小さな子供、 素っ裸のからだにバケツで水をかけている子供。 昨日の新聞に出ていた写真だ。 記事を読んでみたら、 無認可保育所の一こまだった。 保育所や幼稚園は、 認可を受けるためには、あれはダメ、これもダメと さまざまな規制を受ける。 野山をかけ回って危険を体に覚えこませていく。 昔の子供た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more