ピアノはなぜ黒いのか

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光山、輪王寺の仏像

<<   作成日時 : 2008/12/13 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


日光といえば東照宮
その広大な敷地の中に輪王寺がある。

もともと輪王寺があり、
その地に家康公を祭るための東照宮が造営されたそうだ。

その輪王寺の仏像の修復をしている人がいる。

数年前に知り合ったその方のお宅に久々に伺ったときに、
たまたま預かり修復をしていたのが、
写真の輪王寺の仏像。

人々に拝まれ、大切にされている仏像には、魂がこもっていることを強く感じる

と彼は言う。

魂のこもった仏像を修復しているその知人の顔にも
魂がこもっている…
そう感じた。

仏像にかぎらず、どんな道具にだって、
大切に使われれば、魂がこもるものだと思う。

ピアノだって、使う人が大切に扱えば魂がこもる。

そうしたピアノを調律させてもらえるときには、
こちらも魂を込めた仕事をしたいと思う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日光山、輪王寺の仏像 ピアノはなぜ黒いのか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる